2021年4月 6日 (火)

森下完封で2勝目

対ヤクルト ○2-0(6勝3敗1分)ー 神宮球場
広島|000 001 100|2
ヤクルト|000 000 000|0
 
投手:○森下(2-0)
本塁:西川3
 
また苦手な投手の一人であるスアレスと森下の対決
スアレスの直球とチェンジアップで打たされるという悪循環で5回までは無得点。6回も簡単に2アウトをとられたが3番西川が低めのボールを前で捌きライトスタンドへ技ありの一発は第3号の先制弾となった。7回は大下にピッチャーが代わったところを1アウトから安部が四球を選び代走に曽根が起用され2盗に成功(これがチーム初盗塁)!ここで堂林がセンター返しでベースに当たって打球が弱くなってラッキー!2走の曽根がホームに返ってきて2-0。先発の森下は徐々に調子を上げて終盤は三振の山を築く。9回に1死3塁のピンチを凌ぎ、完封勝利で2年目のジンクスを感じさせない投球だった。

| | | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

勝ちたいという気持ちが負けた

対DeNA ●1-3(5勝3敗1分)ー 横浜スタジアム
広島 |000 000 010|1
DeNA|001 110 00X|3
投手:●野村(0-1)-コルニエル-中田-大道
本塁:-
野村と若い阪口の先発でスタートし、その阪口の立ち上がりを2アウトから西川、鈴木の連打で2、3塁とチャンスを作ったが松山が三振。野村も毎回ヒットされる苦しい投球だったが1、2回は抑えていたが、3回に神里にソロ、4回には宮崎にソロと2点のリードを許す展開になった。21歳の阪口を打ちあぐねていたが5回に100球を超えて限界が見えてきたあたりで2死2、3塁のチャンスで西川はセカンドゴロに倒れる。カープは5回からコルニエルが登板したが先頭に四球、そこから走られ、タイムリーを浴びまだまだ競った場面では厳しい投球内容だった。7回は中田が締め、8回は大道が1死1、2塁のピンチを作るが2者連続三振に斬る。打線はチャンスも生かせないまま、このままベイスターズに初勝利を献上するような展開だったが、8回に山崎が登板して一変した。菊池がヒットで出塁し、西川は三振に倒れたが続く鈴木がセンター前にヒット!更に松山もセンター前にタイムリーで1ー3。更に會澤のピッチャーゴロの間にランナーが進み、2死2、3塁と一打同点機で安部がボール球を振って三振。。。9回も三嶋の制球が乱れるところで1死2、3塁の同点機も菊池がいい当たりのセカンドライナー。。。西川がピッチャーゴロで生かせなかった。
西川、安部がちょっとブレーキとなった試合で、ベイスターズの選手の何が何でも勝つという気迫が勝った試合でした。
外人がいない間に勝っておきたかったが、、、仕方ない
再び3位転落したが切り替え可能な敗戦のような気がしています

| | | コメント (0)

坂倉満塁弾

対DeNA ○7-3(5勝2敗1分)ー 横浜スタジアム
広島 |002 040 100|7
DeNA|010 002 000|3
投手:○九里(2-0)-森浦-ケムナ-大道
本塁:安部1,菊池2,坂倉1
九里と京山の先発でスタートした。2回に1点を先制された直後の3回に今季初先発出場した安部が左中間へ同点ソロを放ち、試合の主導権を握らせなかった。更に好調の菊池が直球にドンピシャのタイミングで振りぬきレフトへ逆転のソロで2-1とした。更に5回には2死満塁で坂倉が左中間へ自身初の満塁弾で6-1とセーフティリードになった。九里は中盤危なげない投球だったが6回に安打を集中されて2失点で3点差まで詰め寄られた。しかし、すぐに7回に松山の貴重な中押しの追加点で7-3と流れを渡さなかったのが大きかった
7回以降の継投は森浦→ケムナ→大道とすんなりとリレーされ、余力を残しての勝利で明日に繋がります
チームが好調で首位をキープしているんですが、鈴木の調子が上がってこないのが気になりますね

| | | コメント (0)

完封リレー

対DeNA ○4-0(4勝2敗1分)ー 横浜スタジアム
広島 |100 001 020|4
DeNA|000 000 000|0
投手:○大瀬良(1-0)-塹江-栗林
本塁:西川2
外国人が不在のDeNA打線はやはり迫力に欠ける。この不在のうちに勝っておきたいところ。
初回、立ち上がりが不安な濱口を内野陣が乱れまくりなんだけど、カープも走塁ミスで助けてしまう。無得点で終わってしまうのかと思ったら不調だった松山がレフトへタイムリーで先制点をあげた!
一方先発の大瀬良は力感が全くない投球フォームでも三振の山を築く。打線は3回に1死1、3塁で鈴木が併殺で潰し、4回も1死1塁でクロンが併殺。1-0で中盤から後半へ。6回にやっと追加点を西川のバットが火を噴いてレフト方向への力強いスイングで逆方向に引っ張る的な表現のアーチで2-0とした。8回には1死満塁で松山が技ありのセンター前に2点タイムリーで4-0とセーフティリードになった。リリーフ陣は8回は塹江、9回は4点差でもカードの頭をとりにいった采配で栗林が登板して危なげなく抑えてくれた。
松山が復調の3安打!いい感じだったクロンがノーヒット。元気ものの矢野がサードで大暴投があったり、菊池が高いバウンドの打球を突っ込んで逸らすというエラー(厳しいエラーだ)があったり、走塁ミスがあったりと緩い感じの試合だった。
だけどもこれで、再度首位にたった

| | | コメント (0)

苦手秋山に手玉にとられた

対阪神 ●3-6(3勝2敗1分)ー マツダスタジアム
阪神|103 002 000|6
広島|000 000 201|3
投手:●中村祐(0-1)-島内-コルニエル
本塁:-
中村祐太の先発で立ち上がりは球が高く浮いたところを狙われて先制を許すと3回には糸原に3ランを浴び、0-4と追う展開。苦手の秋山に翻弄された打線は5回までノーヒット。中村祐も粘り強く特に梅野に再三粘られたが根負けせずに抑えていた。しかし、6回に力尽きたか痛い2失点で0-6となってしまった。6回にクロンがチーム初安打を放ち、會澤もヒットで続いたが代打の長野がシュートゴロの併殺打。。。7回は菊池、西川の連打のあと堂林が2点タイムリーを放ち2-6。9回にも鈴木、松山の連打で加点したが前半の失点が響き3-6で敗戦した
7回からは島内が2イニング、コルニエルが1イニングを抑えて勝ちパターンの投手陣が休養になって、そんなにダメージのない敗戦だった。。。が、8回に2死1,3塁で打席に入った西川がサードゴロを打った際にサードの山本が悪送球となりファーストの大山が走塁するゾーンに入ってきて西川と衝突。。。西川は右足負傷、大山はお腹を痛打。。。おい山本、アウトにするならしっかり投げろよ!西川の負傷は痛いね、打率も.318と好調だっただけに3番も機能いていただけに痛い

| | | コメント (0)

久しぶりの首位

対阪神 ○4-2(3勝1敗1分)ー マツダスタジアム
阪神|000 200 000|2
広島|001 101 10X|4
投手:○床田(1-0)-中田-大道-S栗林(0-0-3S)
本塁:クロン1、菊池1
引き分けを挟んで3連勝で久しぶりの単独首位!
気持ちいいですね。選手たちも勝ちに喜び合うのもいいもんだと感じてほしいですね
さて試合ですが床田と新人左腕の伊藤との対戦で、立ち上がりは静かな試合で進み、3回に1アウトから田中がヒットで出塁したが牽制に誘い出されて憤死して2アウトとなったが好調の菊池がフェンス直撃の2塁打で出塁し、西川四球で4番鈴木が軽打でセンター前に抜けるゴロのヒットで2走菊池が先制のホームを踏む。しかし、4回に不運な打球が多かったが4安打を浴び2点取られ逆転を許すが、その裏に床田自らレフト線に同点タイムリー2塁打を放って帳消しにした。そしてそして6回に加治屋に代わってクロンが特大の勝ち越しアーチを左中間スタンドを超える大きな一発だった。更に7回は岩貞から菊池が低めの変化球をすくいあげて左中間スタンドに飛び込むホームランで4-2とリードを広げた。床田は6回6安打2失点で7回は中田が今季初登板もベテランの落ち着きある投球でキッチリ3人で締めた。8回はプロ初登板の大道が登板、やはり緊張感たっぷりの中の投球で1死1、2塁のピンチを作るが大山をショートゴロ併殺に打ち取り無失点デビュー!9回は4連投の栗林が今日も3人で終わらせて安定の3セーブ目!後ろがバタバタしないから気持ちがよい勝ちですね
明日は中村祐太だけど、悪いけど明日は栗林は休ませたいので代わりの投手で何とか切り抜けたい

| | | コメント (0)

好調阪神に先勝

対阪神 ○1-0(2勝1敗1分)ー マツダスタジアム
阪神|000 000 000|0
広島|000 001 00X|1
投手:○森下(1-0)-森浦-塹江-S栗林(0-0-2S)
本塁:-
今日は痺れる試合でした
首位の阪神相手に1-0の完封勝ち!
森下は6回まで1安打7奪三振の投球で唯一のピンチは4回に1死満塁のピンチで佐藤を三振、梅野をキッチリとセカンドゴロに
抑えてリードを許さなかった。一方、打線は苦手の西勇に対して早打ちで攻略の糸口を狙ったが術中に嵌りチャンスをつかめないが6回に森下に代わる代打メヒアが内角の厳しい球を詰まりながらレフト前にヒット!田中が送り、好調の菊池がレフト前にタイムリーで先制した。7回にマウンドに上がったのは3連投の森浦。毎度毎度ピンチを背負うが何とか抑えてくれるがオープン戦のようなピシャリとはいかない。その裏に先頭の坂倉が四球で出塁し、代走に送られた上本が逆を突かれる訳でもなく、ただ反応が悪くけん制に刺されてしまう。。。そこでチャンスを潰す。8回は塹江が登板した直後にサードに入った上本の前にボテボテのゴロを猛然と突っ込んできて1塁送球もセーフとなる。このプレイは仕方ないがこの打球処理時に足を故障して矢野に交代。。。う~ん、準備不足なのか???頭も体も鈍かった。それでも塹江は後続を抑え、9回も抑えの栗林が完璧な投球で2セーブ目と安定した試合の締めくくりだった。特に阪神の大山、サンズ、佐藤と抑えたのが見事だった。サンズにはライトへ強烈な打球を打たれ、鈴木のグラブを弾いてヒットになったがサンズが暴走で2塁で憤死は助かった。鈴木は7回にも佐藤のライト線に転がる打球を滑り込んで捕り、2塁へ素早い送球で憤死させた守備も見事だった。
この試合で一番ラッキーだったのは8回に塹江が投げてた時に、2死2塁で打者マルテで投球動作に入った瞬間に打席を外したが主審は続行していて塹江の投球は真ん中高めにスライダーでストライクで三振になったところがこの試合のキーポイントだった。あのタイミングで外してくれて、塹江が動揺もせずにストライクを投げれたことにも褒めてあげたい。塹江は成長したな~
ヒーローインタビューでは森下と菊池が上がり、森ペイやシューペイとご機嫌だった

| | | コメント (0)

16残塁の拙攻

対中日 △0-0(1勝1敗1分)ー マツダスタジアム
中日|000 000 000|0
広島|000 000 000|0
投手:野村-森浦-ケムナ-栗林
本塁:-
今日の試合は16残塁と残塁の山を築いた。10安打を放ちながら0得点。打線は繋がるけど決定打が出ない。。。
初回は2死1、2塁で松山がキャッチャーフライ。3回は無死1、2塁で西川がサードゴロ併殺打。4回は2死1、2塁で野村は三振。6回は相手エラーで無死2塁だったがランナーを進めることもできない。。。クロンが進塁打を打ってれば。。。7回は2死満塁で坂倉はセカンドゴロ。8回は2死1、2塁で田中は三振。9回も2死満塁で堂林が三振。。。
投手陣はよく無失点で抑えてくれた、先発の野村は6回までに3安打の0封。7回は連投で森浦が登板も今日もピンチを招いたが最後はまた大島を打ち取って無失点。8回はケムナ、9回は連投で栗林が危なげなく抑えた。
今日1軍デビューした2年目の石原が9回の守りから出場し、栗林をうまくリードし、打席では2死1、2塁のサヨナラの場面でしぶとく四球を選んだ。
勝たなきゃいけない内容だったけど、負けなくてよかったかな

| | | コメント (0)

栗林初セーブ

対中日 ○4-1(1勝1敗0分)ー マツダスタジアム
中日|100 000 000|1
広島|100 201 00X|4
投手:○九里(1-0)-森浦-塹江-S栗林(0-0-1S)
本塁:田中1
九里の立ち上がりは力みが感じられて、ここぞというときの勝負球のフォークが高めに浮き痛打が相次ぎ失点したが、1点でよく踏ん張った。打線は初回の先頭打者の田中が柳の直球をドンピシャで叩き、ライトスタンドへ同点ソロ!4回は菊池のヒットから始まり、西川の四球、鈴木のタイムリー、坂倉のタイムリーと繋がって勝ち越し!少ないチャンスを確実に得点した素晴らしい展開になった。九里もピンチらしいところもないまま中盤の5回に2死3塁で代打福留に対し、フルカウントから内角直球で見逃し三振!見事な制球だった。6回まで投げて1失点。7回にはプロ初登板の森浦がド緊張していたのか投球テンポがすごく早く簡単に2アウトをとったが、その後3連続四死球と完全に自分を見失ってたが、大島をセカンドゴロに打ち取り無失点デビュー。次回からは緊張もせずに普段の投球ができるでしょう。8回は大道ではなく昨日も登板した塹江が抑え、9回はこちらもプロ初登板だった栗林が見事な3人斬りでデビューをセーブで飾った。
後ろがバタつかない試合は気持ちいいね
球種が豊富なので安心感はある
これで1勝1敗。今日雨だけど試合したいですね

| | | コメント (0)

開幕は逆転負け

対中日 ●6-7(0勝1敗0分)ー マツダスタジアム
中日|000 000 052|7
広島|220 000 002|6
投手:大瀬良-塹江-●ケムナ(0-1)-島内
本塁:西川1
2021年シーズンが無事に開幕した!
今季は2月の恒例だった沖縄キャンプ取材も行けずに写真を撮れなかったため、画像はなしの投稿になります
さて、昨日の開幕戦ですが、先発の大瀬良は逆球ありで内容は結果よしの投球が前半続いた
打線は初回に福谷から3番に入った西川が低めのフォークをすくいあげライトスタンドに運ぶ先制2ランと幸先よく得点!更に2回にはオープン戦が散々だったクロンが強烈なセンター返しのヒットで出塁すると、堂林もヒットで続き無死1、2塁。相座エアは真ん中のスライダーを完璧に捕らえたが左中間を割るような飛球をレフト根尾に好捕されてしまう。その後は2死満塁となり菊池がインサイドをうまく詰まりながら捌きレフト前に2点タイムリーヒット!と貴重な追加点。更に2死満塁となった場面で鈴木は見逃し三振。。。ここでもっと追加点が欲しかった
その後は点も取れず取られずで8回、大瀬良は球数も少なくスイスイときたが、突如捕らえられてしまい2点を奪われ尚も1死2、3塁で塹江にスイッチ。塹江は高橋をセカンドゴロに打ち取るが(菊池のナイス守備!)その間に1点を取られ4-3と1点差。尚も2死3塁で今度はビシエドに対してケムナを投入。しかし、ケムナの投球は外外外という投球を読まれて外角高めの直球を踏み込まれてライトスタンドに強烈なライナーで運ばれ、まさかの逆転2ランを浴び4点リードを一気に逆転された。逆転直後の8回に西川ヒット、鈴木四球で無死1、2塁と反撃のチャンスで松山はサードゴロ併殺。。。クロンは内角球に完全に詰まりキャッチャーフライで得点機を逃す。1点差で9回は島内が登板し、2アウトまで簡単にとったが根尾の四球からタイムリー2本を浴び、2失点で4-7とリードを広げられたのも痛かった。中日の守護神は祖父江から先頭の堂林がレフト線に2塁打!1死から代打坂倉がレフト線にタイムリーで5-7。菊池があともうちょいで同点弾だったライトフェンス直撃のタイムリー2塁打で6-7と盛り上がってきたが、最後は代打長野が内角球に詰まりボテボテのピッチャーゴロで開幕ゲームは痛い逆転負けだった。
試合内容は昨年のような救援陣が崩壊したような印象で、得点できるときに確実に得点できなかったのが2回と8回。大瀬良は完投ペースだったが8回はスタミナ不足を露呈。8回はピンチの場面で経験を優先したのか?新人リレーではなかったのが疑問だった。松山のブレーキも非常に痛かった。
2軍でも中日に3連敗しているので、1軍もそうならないことを祈ります
1

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧